So-net無料ブログ作成

東京花かつみ会(安積女子高等学校同窓会東京支部)総会でサパについて [具体的な活動]

今日は日曜日、東京花かつみ会(安積女子高等学校同窓会東京支部)総会に出席。サパの活動についての講演を依頼されまして恥ずかしながら40分間行ってきました。

90歳の元気な大先輩、私が大好きだった社会地理を教わったH先生,同級生はいつになく大勢20名も来て下さっていてとても嬉しくて、講演もスムースに進めることが出来ました。

2次会でわかったことですが、H先生は私たちより一回り年長ということで、あの当時は30歳足らずだったのです。わたしは、もっともっと年長と思っておりましたので、本日の大発見でした。彼は私が自分が担当していたクラブ活動の「社会科研究クラブ」に属していたことを覚えていて、「今になって役にたっているでしょう」とまず第1声でした。確かに大学から何十年も歯学関連の勉強や仕事にまみれていた私が、このサパの活動で、大好きだった世界地図その他、地域活動の下調べの仕方など、クラブ活動での安積疎水研究が、役に立っているような気はしておりました。若いときに遊んでいるうちに得た知識は換えがたい意味がとんでもない時に出てくるものですね。

同級生達はサパの絵本や絵はがきを販売して下さり絵本はお言葉に甘えて持って行ったものはすべて完売、まだ欲しいという方もいてもっと持ってくればと残念でした。絵はがきは55組が売れました。よかった〜〜。
絵本を3冊買って下さった上に、頑張って下さいと2万円を寄付して下さる方もおりました。ありがたさに胸が一杯です。ありがとうございました。
やはり同じ学舎に学んだという出会いはありがたいものです。


終了後庭に出て、同級生と先生とご一緒に、、。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。